美しいこぎん刺しアイテムを求めて「弘前こぎん研究所」へ

「こぎん刺し」とは、津軽地方に江戸時代から伝わる刺し子技法のひとつ。

当時この地の農家の人々は麻でできた着物で農作業をしていましたが、この野良着の補強と保温性を高めるため、女性達が木綿糸で刺し子をしたのがはじまりと言われています。

津軽地方では野良着のことを「こぎん」と呼んでいたため、この名前がついたのだとか。

「弘前こぎん研究所」では、この伝統を継承しながらその魅力を国内外に発信しています。

工芸品 青森県 弘前市 Vol.2 2019/10/03

複雑に組み合わされた幾何学模様

こぎんの基礎模様は単純なものから複雑なものまで、数えきれないほどあるのだそう。

 

それぞれの模様には、「井戸枠」「花つなぎ」「てこなこ」「島田刺し」「四つこごり」といった、古くからの名称が付けられていて、これらの単純なこぎん模様の組み合わせで複雑な模様が作られます。

 

伝統的なこぎん刺しは「藍染の麻布に白い木綿糸」ですが、近年はさまざまな布や糸を使用し色彩豊かなものへと発展しつつあります。


「弘前こぎん研究所」では、そんなこぎん刺しのアイテムが購入可能。

 

こぎんカルチャーの中心ともいえる場所なだけあり、質のよさは折り紙付き。値段も良心的です。

 

コースターなどの小物から、名刺入れやペンケース、バッグや帯などの大きなものまで種類もさまざま。

 

色や柄のバリエーションも豊富なのでどれにしようか迷ってしまいます。


制作の様子を見学しながら知識を深めて

さらにこちらでは、依頼すれば予約不要で工房の見学が可能(工房稼働日に限る)。

 

工房では常に6人程度の職人さんが作業しており、機織で生地を織る様子や細かな刺繍を施す様子が見られます。

 

聞けば、弘前市内外に100人あまりの内職の職人さんを抱えており、その方々によって制作された刺繍をここでチェック、製品に仕上げる段階に進めるのだとか。

 

伝統の柄についてや制作の流れなど、聞けばていねいに教えてくれるのでとても勉強になりますよ。


弘前こぎん研究所

住所
青森県弘前市大字在府町61
電話番号
0172-32-0595
営業時間
月〜金9:00〜16:30(祝日は休み)
WEBサイト
http://tsugaru-kogin.jp
Related article関連記事