牡蠣のおいしさの秘密に迫る!「島田水産」の水揚げ体験

世界遺産の厳島神社がある宮島は、日本屈指の牡蠣の産地としても有名。

島内や島の玄関口となるJR宮島口駅周辺には新鮮な牡蠣料理を提供する店がたくさんありますが、今回は牡蠣の産地でしか体験できない水揚げ見学ツアーに参加します。

圧巻の水揚げの様子や、ベテラン打ち子さんたちの超速牡蠣剥き技を目の当たりにできますよ。

観光 広島県 廿日市 Vol.4 2019/12/12

生産者だからできる驚きのサービス

水揚げ見学ができるのは、JR宮島口駅から徒歩10分ほどの場所にある「島田水産」。

 

古くからこの地で牡蠣の生産を続けている老舗で、牡蠣の販売はもちろん、高コスパで牡蠣料理を提供する食事処「かき小屋」も併設しています。

 

ちなみにこちらでは、牡蠣の食べ放題が1時間なんと2300円!

 

生産者の直営店だからできるスペシャル価格ですね。


美しい朝日を浴びながらいざ出航!

水揚げ見学ツアーのスタートは朝7時。

その10分ほど前にお店に行くと、すでに漁師さんたちがテキパキと働いている様子が見られます。

裏手の工場では次から次へと牡蠣が運び込まれ、ガラガラと豪快に選別されていきます。

 

大量の牡蠣を目前に眠気も一気に吹き飛びます。

 

あっけにとられながら早速乗船。

 

時期によっては朝日が上がる時間帯なので、空も海も山も周囲の風景は表情豊か。

 

ぴーんと清々しい空気の中、船は牡蠣の育ついかだに向かいます。


いかだの下を覗くとそこにはたくさんの牡蠣が!

 

食べごろサイズになるには3年ほどかかるそうで、それまで可動式のいかだを水質の状況や天候に合わせて適切な場所にこまめに移動させる必要があるのだとか。

 

いかに牡蠣が大切に育てられているかが分かります。

 

また、近くでは専用の船で牡蠣の水揚げ風景も見られます。

 

約10mの長さのロープに牡蠣がびっしりと付いた様子は圧巻。

 

育て方や苦労話、牡蠣の特徴やおいしい食べ方まで、聞けばなんでも丁寧に説明してくれて、知識もぐっと深まります。


海上から厳島神社を参拝できる

船はその後厳島神社に向かい、大鳥居を海上から参拝できるというのもこのツアーの大きな魅力。

 

(取材時は大鳥居は修理工事中でその姿が拝めず残念でしたが…)

 

朝日を背に水面に浮かぶ厳島神社は神々しさもひとしおです。

 

参拝後はそのまま宮島で降ろしてもらうこともできますし、牡蠣打ち場に戻って牡蠣剥きの様子を見学したり牡蠣雑炊を堪能することもできます。

 

水揚げ見学だけでなく爽快クルージングや海上からの厳島神社参拝など、一度にいろいろと楽しめる充実の内容なので、宮島観光にぜひ組み込んでみてくださいね。


島田水産

住所
広島県廿日市市宮島口西1-2-6
電話番号
0829-30-6356
営業時間
かき小屋10:00〜17:00(水〜16:00、土〜20:00、日〜17:00)※水揚げ体験は要予約
WEBサイト
http://shimadasuisan.com/index.html
Related article関連記事