朝食にぴったり!「とうふの比嘉」のできたてゆし豆腐

沖縄で豆腐というとずっしり固めの「島豆腐」が有名ですが、実はもうひとつ、ふわふわ食感が体に優しい「ゆし豆腐」というものがあります。

これは、豆乳ににがりを入れて固まりはじめたものを型に入れる前の豆腐のことで、鮮度が命のため本州ではなかなか食べられないご当地グルメ。

「とうふの比嘉」はそんなゆし豆腐のできたてが食べられると、観光客はもちろん地元の人にも人気です。

沖縄県 石垣市 Vol.6 2019/08/01

沖縄らしい自然豊かなロケーションが魅力の老舗店

豆腐の老舗として古くから地元で愛される「とうふの比嘉」。

 

石垣島の観光の中心である石垣港離島ターミナル周辺から車で10分ほど走った市街地のはずれにぽつんと佇んでいます。

 

オープン時間は6時30分ですが朝から多くの人たちが訪れ、1時間もすれば行列ができるほど。

 

半オープンな客席には爽やかな風が吹き抜け、ゆったりとした空気が流れています。


優しい味と食感が体にしみる究極の癒し系グルメ

お目当ての「ゆし豆腐」は、ごはんと漬物、豆乳がついたセットがおすすめ。

 

サイズは小350円、大450円、特大550円、超特大650円とあり、全体的にボリュームがあるので女性なら大で十分お腹は満たされるはず。

 

野菜炒めやたまご焼きなどの付け合わせ(各100円)をプラスするとバランスのよい朝食になりそうです。


ゆし豆腐はまずは何も付けずにひと口。

 

大豆の優しい甘さが口いっぱいに広がって、ふわっふわの食感が心と体をほっこり癒します。

 

その後は、卓上にある醤油や塩、自家製味噌、コーレーグース(島とうがらしを泡盛に漬け込んだ沖縄県の辛味調味料)などで味の変化を楽しんで。

 

最後はごはんにオンしてさらりといただくのもいいですね。

 

セットについてくる豆乳も濃厚で飲みごたえがあります。


島豆腐作り体験もおすすめ

「とうふの比嘉」では、島豆腐作り体験も実施しています。

 

豆を攪拌する工程からゆし豆腐や島豆腐を完成させたら、さらに豆腐チャンプルーやゆし豆腐そうばを作ってその場で試食ができます。

 

所要時間は2〜3時間。体験料金は1名3980円で3名から受付できます(前日までに要予約)。

 

石垣島で豆腐作りの体験ができる場所はあまりないので、時間があればぜひ挑戦してみてくださいね。


とうふの比嘉

住所
沖縄県石垣市字石垣570
電話番号
0980-82-4806
営業時間
月〜土6:30~15:00(売り切れ次第終了)
Related article関連記事