伝統と革新が生んだ新感覚の和紙プロダクト「SIWA|紙和」

和紙の里である、市川三郷町市川大門。

ここで作られる和紙は、武田家や徳川家の御用紙として幕府に献上されるなど手厚く保護されてきました。

その後も大きな技術革新を経て機械紙漉きの技術を確立ながら、現在は障子紙の全国シェア日本一を誇っています。

そんな市川大門の和紙産業を支える和紙メーカーのひとつ「大直」が手がけるブランド「SIWA|紙和」は、和紙の美しさと強さを日常使いのアイテムに落とし込んだ革新的なアイテムとして国内外で話題です。

工芸品 山梨県 甲府市 Vol.3 2019/06/20

使い込むほどに味が出る和紙の概念を覆す新しい質感

「SIWA|紙和」は他では味わったことのない不思議な質感をしています。

 

くしゃっとした風合いと表情のある優しい色合い、手に取った時の軽さは紙そのもの。

 

でも、雨の日などに使っても破れないどころか、使い込むほどに味が出る趣は革製品のようでもあります。

 

このユニークな生地は、大直が共同開発した破れない障子紙「ナオロン」。

 

商品デザインは世界的に活躍する工業デザイナーの深澤直人さんが手がけています。

 

和紙を丹念に精製し、その繊細で優しい風合いと強さを最大限に引き出しながら、ひとつひとつ丁寧に縫製し製品を仕上げています。


「SIWA|紙和」シリーズのラインナップは、バッグ、財布、帽子など多肢にわたり、カラーバリエーションも豊富です。

 

クラシカルな和紙の趣もありながら、和洋問わず合わせられるシンプルなデザインなので、フォーマルからカジュアルまでどんなシーンにもしっくりマッチ。

 

年齢や性別も問わないので、贈り物にもぴったりです。


ラインナップやカラーバリエが豊富に揃う直営店へ

市川大門の工房では見学や買い物はできませんが、「SIWA|紙和」のアイテムは全国各地、さらには世界各国のセレクトショップで取り扱われています。

 

山梨県内では、富士五湖にある大直の直営店「めでたや」で種類豊富に揃います。

 

「めでたや」では「SIWA|紙和」シリーズのほかにも、同社ブランド「めでたや」の文具や小物もたくさんあるので、山梨観光の途中にぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

「SIWA」の商品はこちらをチェック


めでたや 河口湖店

住所
山梨県南都留郡富士河口湖町大石1477-1 富士大石ハナテラス内
電話番号
0555-72-8313
営業時間
10:00~18:00(冬季は~17:00)
WEBサイト
https://siwa.jp
Related article関連記事