壮大な琵琶湖ビューと個性豊かな工芸品をたっぷり満喫

日本最大の湖・琵琶湖を囲むように広がる滋賀県。

国宝「彦根城」やユネスコ世界遺産にも登録されている「比叡山延暦寺」など、歴史的に重要な見どころが点在しているほか、日本を代表する伝統工芸品の宝庫でもあります。

なかでも信楽は器好きなら一度は訪れたい一大スポット。

また、琵琶湖はその地形から虹が多く発生することでも有名なので、空を注意深く眺めてみて。

観光 滋賀県 大津市 Vol.1 2020/10/06

【DAY1】見て触れて体験して……信楽焼三昧な一日

甲賀駅

↓車で7分(無料送迎あり)

甲賀の里 忍術村」で忍者について学ぶ

↓車で40分

信楽駅

↓徒歩17分

大小屋」で陶芸体験

↓徒歩15分

文五郎窯」でお買い物

↓車で40分

大津駅

大津駅周辺泊


初日は、滋賀の手しごと巡りで欠かせない信楽へ向かいますが、その前に少し寄り道をして、忍者の里として知られる甲賀市へ。

 

近年外国人観光客に人気のスポットで、家族連れにもぴったりです。

 

ただし、信楽は見どころも多く、丁寧に見て回ると1日がかりになるので、陶芸をメインに散策したい場合はまず信楽に向かうといいでしょう。


【DAY2】琵琶湖ビューがまぶしい爽快ドライブ

719大津駅

↓車で1時間50分

大與」で手作り和ろうそくを購入

↓車で1時間

びわ湖バレイ」で絶景ランチ

↓車で10分

中川木工芸」で木桶作りを見学

↓車で1時間

大津駅


琵琶湖沿いをドライブしながら滋賀県を代表する工芸品を手がける工房を訪れます。

 

ランチは、ロープウェイに乗って琵琶湖を一望する人気スポットへ。

 

中川木工芸と大津駅までの間に、比叡山延暦寺があるので、時間があればぜひ立ち寄って。


全行程、公共機関で回れないこともないですが、電車やバスの本数が少ないので、事前に時間をチェックして計画的に行動しましょう。

 

彦根城に訪れるなら1日目に組み込むこともできますが、信楽をゆっくり散策したいなら無理は禁物。

 

夏季は琵琶湖でカヌーやSUPなどのアクティビティもできるので、それと合わせて1日プラスすることをおすすめします。

 

大津駅は、京都駅まで在来線で10分と近いので、時間があれば京都へ足を伸ばしてみるのもいいでしょう。


Related article関連記事