世界的にも有名な石の産地で「庵治石」について深く学ぶ

日本を代表する銘石として知られる「庵治石」の産地である庵治・牟礼エリア。

町中には多くの石材店が点在しており、周辺に整然と積まれた大きな石材が独特な風景をつくりあげています。

町に着いたら、まずは四国八十八箇所霊場の第八十五番札所として知られる「八栗寺」を参拝し、そのそばにある「高松市石の民俗資料館」で、知れば知るほど奥が深い石の世界をのぞいてみましょう。

観光 香川県高松市 Vol.2 2019/05/16

五剣山を背に佇む、天狗を祀る由緒正しき寺

春は桜、秋は紅葉の名所として、また、お正月は初詣で多くの人々が集まる八栗寺。

 

見晴らしの良い山の中腹にあるため、レトロでかわいい八栗ケーブルカーを利用します。

 

5分ほどの乗車で寺の入口に到着すると、そこから本堂までは徒歩で坂道を登っていきます。

 

背後にそびえる標高375mの五剣山は、むき出しになった岩肌と、地上から剣を突き上げたような佇まいが神秘的です。


本堂後方にある中将坊堂のご本尊はなんと天狗。

 

中将坊堂の出入口には天狗の下駄が並んでいるのですが、天狗がこの下駄を履いて夜中駆け回っているため、下駄が汚れていることがあるのだとか。

 

境内には「巾着」や「大根」のマークが多く見られ、「巾着」は福徳財宝の獲得や商売繁盛を、「大根」は良縁成就や身体健康などの後利益を意味しています。

 

また、弘法大師が鎮座する展望台からは高松市が一望できるので、こちらを訪れるのも忘れずに。


石専門の資料館でめくるめくディープな石の世界へ

八栗寺行きのケーブルカー乗り場から徒歩5分ほどの場所には「高松市 石の民俗資料館」がるので、ぜひ立ち寄ってみましょう。

 

世界的銘石“庵治石”の産地であり世界最高レベルの石材加工技術を持つこのエリアで、約400年にわたり築きあげられた知恵と技術を、実物の展示やジオラマ、パネルで分かりやすく紹介しています。


一ヶ月前までの要予約で10〜20人のグループ限定となりますが、石にまつわる体験教室も開催しています。

 

特におすすめは石のハンコ作り(500円)。2cm角程度の石に好きな柄をトレースし、彫刻刀で彫っていきます。

 

石の質感を感じながら無心で掘る作業は大人でも十分楽しい。所要時間は1時間30分ほどですがあっという間です。

 

このほか、石を積んで作るミニ石あかり(1000円)などもあるので、条件が合えばぜひ体験してみてください。


五剣山 八栗寺

住所
香川県高松市牟礼町牟礼
電話番号
080-845-9603
営業時間
ケーブルカーは毎日7:30〜17:15
WEBサイト
http://yakuriji.jp

高松市 石の民俗資料館

住所
香川県高松市牟礼町牟礼1810
電話番号
087-845-8484
営業時間
火〜日9:00〜17:00
WEBサイト
http://www.takamatsu-webmuseum.jp/ishi/facilities/
Related article関連記事