石工場を再利用した異次元カフェ「珈琲と古道具 Remza」

石材店めぐりの合間にぜひ訪れたいのが、小高い丘の上にひっそりと建つカフェ「珈琲と古道具 Remza」。

石工場の倉庫を利用して作られた建物は外から見ると「隠れ家カフェ」という表現がぴったりな控えめな佇まいですが、ステンドガラスがはめられたアンティークの扉を開けると、そこには非現実的な独特な空間が広がっています。

観光 香川県高松市 Vol.4 2019/05/23

アンティークに囲まれて居心地抜群

Remza

築50年あまりの石の工場をほぼセルフでリノベーションし、7年前にカフェをオープン。

 

大きな石を加工する工場だけに、高い天井が開放的な雰囲気です。

 

店内には骨董商としての顔も持つ店主のコレクションであるアンティークの家具や雑貨がところ狭しと並び、庵治石で作られたカウンターが重厚な存在感を放っています。

 

窓からは庵治町が広がっており、薄暗い店内から見るとまるで飾られた絵画のよう。


Remza

そんな居心地の良い空間と店主の温かい人柄で、「Remza」は地元の人たちの憩いの場にもなっています。

 

庵治石のスピーカーから流れるBGMに身を委ねながら、地元の人たちのローカルトークに耳を傾けるのも楽しいですね。

 

注文を受けてから丁寧に淹れるコーヒーは、ハンドドリップとフレンチプレスが選べます。

 

ブレント(550円)はもちろん、インドネシア マンデリン(700円)やグアテマラ サンタカタリーナ(700円)など通好みのコーヒーや、ニューヨークチーズケーキ(400円)などのスイーツも用意されています。

 

香り高いコーヒー片手に、時が止まったかのような錯覚に身を委ねてみてはいかがでしょうか。



Remza

珈琲と古道具 Remza

住所
香川県高松市牟礼町牟礼3214-1
電話番号
087-814-3994
営業時間
木〜火12:00〜22:00
WEBサイト
http://remza.jp
Related article関連記事