石材職人おすすめの個性あふれるうどん屋を食べ比べ!

「うどん県」と自称するだけあり香川県はうどん天国。

車で街を走っていると3分に一度はうどん屋が現れるほどの多さには驚かされます。

うどんを食べるのに困らないのは嬉しいけれど、この膨大な数のうどん屋からどの店を選べばいいのか旅行者には悩ましいところ。

そんな時は地元の人に聞くのが一番。

石材店の職人たちに教えていただいたおすすめの3軒をご紹介します!

香川県高松市 Vol.5 2019/05/28

県内随一の人気を誇る有名店は店の雰囲気も◎

まずは、東京ソラマチにも出店している香川を代表する人気店「うどん本陣 山田家」。

 

有名なので、週末ともなると行列どころか駐車待ちで渋滞ができるほど。

 

“足踏み”と“手打ち”、“包丁切り”といった伝統の技法で仕上げたうどんはモチモチ食感が特徴です。

 

人気メニューは「ぶっかけうどん(310円)」(写真)や「ざるぶっかけ(570円)」。

 

北海道産の高級昆布や鹿児島県産の上質な鰹節を使った出汁は上品な味わいで、最後のひと口までさらりといただけます。

 

有形文化財にも登録されている由緒あるお屋敷できれいに手入れされた庭園を眺めながら食事ができるのも魅力です。


地元の人に愛される気取らない味と雰囲気

2軒目に訪れるのは「大谷製麺所」。ご夫婦で営むアットホームなうどん屋で、お昼時は地元の人たちでにぎわっています。

 

この店のグランドメニューは、「かけうどん(中250円)」(写真)、「ぶっかけうどん」「釜揚げうどん」「ざるうどん」(各 中330円)の4種類。

 

これに10種類ほどあるてんぷらやおにぎりをプラスして、好みのボリュームにカスタムしていきます。

 

こちらのうどんはすべてご主人が店内で作る打ち立て麺。

 

つるりとした喉越しとふわっとした食感が癖になるおいしさです。麺が不揃いなのも味わい深いですね。

 

麺がなくなり次第閉店なので、早めに行くのをおすすめします。


自分で茹でるのが楽しいフルセルフの店

最後に訪れるのは「セルフうどん とんぼ」です。

 

香川のうどんは、席まで料理を持ってきてくれる「フルサービス」と、器に盛ったうどんに自分で具をのせていく「ハーフセルフ」、そして今回紹介する「フルセルフ」の店の3種類に分かれています。

 

「フルセルフ」とは、うどんを茹でるのもつゆをかけるのも自分で行うスタイルのことで、料理の提供の速さと、自分の好みの加減に茹でられること、そして何より楽しいのが魅力です。

 

「うどん界のカルボナーラ」とも言われる「釜玉うどん(1玉330円)」(写真)などうどんの種類やサイドメニューも豊富なので、家族連れにも人気です。


ひと言に「うどん」と言っても、味もスタイルも千差万別。

 

各店舗、小さめのサイズも用意しているので、いろいろな店を食べ比べて違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。


うどん本陣 山田家

住所
香川県高松市牟礼町牟礼3186
電話番号
087-845-6522
営業時間
毎日10:00〜20:00
WEBサイト
http://www.yamada-ya.com

大谷製麺所

住所
香川県高松市牟礼町原551-1
電話番号
087-845-0967
営業時間
毎日11:00〜16:30

セルフうどん とんぼ

住所
香川県高松市牟礼町牟礼287-1
電話番号
087-845-4510
営業時間
毎日9:00〜18:00
WEBサイト
http://taira-honten.jp/tonbo.html
Related article関連記事