自然との調和が美しい世界遺産「五箇山の集落」

岐阜県の「白川郷」とともに世界遺産に登録されている「五箇山」。

深い山間に茅葺屋根の合掌造りの建物が点在する伝統集落の風景は、まるで時が止まったかのよう。

「白川郷」よりもやや規模は小さめですが、その分観光客も少なく、そこに住む人々の生活を垣間見ながら、静かに散策が楽しめます。

観光 富山県・南砺市 Vol.6 2020/02/20

山間でひっそりと守られてきた日本の伝統的な風景

「べるもんた」城端線の終点、城端駅から「五箇山」の集落の入口である相倉口までは、バスが運行されており所要は20分ほど。

 

短い時間ですが、街を離れたバスは切り立つ山々の間をどんどん進んで行きます。

 

いくつものカーブやトンネルを抜けて、こんなところに本当に人が住んでいるのだろうか?と不安になるほど深い山の中腹でバスは停車。

 

バス停から5分ほど歩くと集落に到着します。

 

雪化粧した山々を背に凛と建ち並ぶのは、三角のフォルムが独特な伝統的な建築様式で建てられた建物たち。

 

タイムスリップしたかのような非現実的な風景に圧倒されます。


集落では住民が日常生活を営んでおり、観光客向けに建物の内部を公開したり、民宿や飲食店を営んでいる方も多いので、ここまで来たらぜひ内部ものぞかせてもらいましょう。

 

集落の歴史や合掌造りの建物について紹介する相倉民俗館も必訪です。


四季折々の風景を楽しんで

雪に覆われた冬の景色もすてきですが、花々が咲き乱れる春や、新緑に合掌造りの建物が映える夏、紅葉が美しい秋など、いつ行っても自然と調和した美しい風景に出会えます。

 

集落内は自由に散策できますが、住民の迷惑にならないようマナーを守って散策しましょう。


五箇山

住所
富山県南砺市上梨
電話番号
0763-66-2468(五箇山総合案内所)
WEBサイト
http://gokayama-info.jp
Related article関連記事